• コンサルティング

  • サポート業務

  • 群馬企画塾

  • MP講座

  • 会社概要

  • お知らせ

  • 塾生専用

お問い合わせ

Marketing Consulting

INTRODUCTION

マーケティング
コンサルティングについて

仮説

01

仮説を立て
裏付けをする

企画(事業)に着手するときは、テーマ(達成したい目標)を決めて、現状の問題点・課題を抽出し解決しなければならない課題を明確にします。次に、具体的な対策や解決のための方向性を導きだします。そして、いつまでになにをやるのか、スケジュールを明確にし、目標を達成するためのイメージが出来上がれば、「仮説」段階は成功です。

コンセプト

02

“コンセプト”と
“ターゲット”を明確にする

仕組みを作るためには、企画の「コンセプト」が何なのか? 「ターゲット」は誰なのか?を決める必要があります。「コンセプト」とは、顧客が商品を購入し、利用する時点の便益(ベネフィット)を描く事です。そして「ターゲット」とは、メインの顧客は誰になるのか? という事です。絞り込んだターゲットを設定することで、伝達スピードは高まります。

仮説

03

“プロセス”と
“ツール”を考える

「コンセプト」と「ターゲット」が整合しているだけでは売れない時代です。その理由として、他の店舗やインターネットを利用し、簡単に商品やサービス内容を比較できるようになったためです。そこで、「ターゲット」にアプローチするためには心理段階(プロセス)に合わせたツールを精緻に設計することで、商品・サービスの購入に繋げます。

売れる仕組みを作るためには「企画」が必要です。
そして企画とは“目的を達成するための手段としてのシステム”

Support Business

サポート業務